このページの記事

印鑑のサイズと用例

[PR] 印鑑

便利な印鑑シャチハタの一般的なサイズは?

色々な印鑑がありますが、シャチハタを利用している人は多いことでしょう。仕事で自宅でと、大変便利に使えます。インクもいらないスタンプ台もいらない。大変便利なものです。実は浸透印と言う名前の印鑑もありますが、これもすべて一緒にされてしまっているようです。 続きを読む

印鑑の中には役職印と呼ばれるものがあります。

この印鑑は読んで字の如く、中丸(内枠)に様々な「役職」を彫り、その身分を証する印鑑で実印として登録するものです。 続きを読む

印鑑は自由に作っていいものではありません。

実はサイズの規定がある場合もあるのです。実印はある程度規定があります。一人に対してひとつだけ、役所に登録され、財産の登録・処分時の書類や重要な契約ごとに役所から発行される印鑑証明書といっしょに使われます。個人の印鑑であることを証明するために登録するのですから規定があっても仕方がありません。 続きを読む

印鑑にはその用途に応じてある程度大きさが決まっています。

同じ大きさでもかまいませんが、大きさを変えないと印鑑を見ただけでは区別できなくなってしまいます。 個人用の印鑑の場合通常は、実印が最も大きく、実印→銀行印→認印の順番で小さいサイズとなる場合が一般的です。 続きを読む

女性が使う印鑑!一般的なサイズは?

印鑑というものはとても重要な位置を占めています。宅配便の受け取にも印鑑は使用しますから、なければ普段の生活も困難になるほど。 続きを読む

認印といえば、簡単に押せる印鑑ですね。

シャチハタのような簡単な印鑑であると思っている人も多いですが、それは間違っています。実印は、住民票がある市区町村に対し、登録をすることで成立していきます。 続きを読む

銀行印や認印には「このサイズではなくてはいけない」というのもないです

実印に関しても役所によりますが、どこも概ね8mm~25mmのサイズなら登録できます。しかし、それぞれ「適したサイズ」があり、大きすぎても小さすぎてもふさわしくない場合があります。 続きを読む

一般家庭に必要な印鑑の種類は実印・銀行印・認印の3つです。

3つの印鑑の持つ意味は違ってきますし、家庭内でも個人個人で必要になるものと、共有して使えるものがあります。印鑑の用途についてきちんと知っておきましょう。 続きを読む

1

このページの先頭へ