印鑑の中には役職印と呼ばれるものがあります。

印鑑イメージ

この印鑑は読んで字の如く、中丸(内枠)に様々な「役職」を彫り、その身分を証する印鑑で実印として登録するものです。

印鑑のサイズとしては直径18mm以上のものが適切です。
それ以下のサイズだとどうしても彫った時の印影がおかしくなってしまうようです。
法人用の実印としてしっかりとした印鑑を作りたい場合には大き目の21mm、24mmというサイズがオススメです。

会社の実印も個人の実印と同じく大変重要な印鑑です。実印は契約書などに印(しるし)を残す大切な書類にだけ使うもの。
まさに「法人の意思」または「法人自身そのもの」です。

大切な実印であるからこそ、信頼できる印鑑屋さんで作成したいものです。
そこに掘り込まれた文字が魅力ある美しい書体でなければ、どんな立派な印材でも台無しです。
捺印した印影には法人の意思や志が表れていると言っても過言では無いでしょう。

サイズや材質などによって価格が異なってきます。高級なものが欲しければ象牙が良いですが、かなり高額です。
インターネット上のお店では色々な材質がそろえていますので、じっくりと検討しながら選ぶことができますよ。
予算や好みの素材や好みの色で好きなように選べます。

ページの先頭へ