印鑑は自由に作っていいものではありません。

実印イメージ

実はサイズの規定がある場合もあるのです。実印はある程度規定があります。
一人に対してひとつだけ、役所に登録され、財産の登録・処分時の書類や重要な契約ごとに役所から発行される印鑑証明書といっしょに使われます。
個人の印鑑であることを証明するために登録するのですから規定があっても仕方がありません。

実印には8mm以上で25㎜以内の正方形の枠内に収まらなければいけないという、サイズの規定があります。
印鑑といっても様々なものが存在するわけですが、この中に納まらないものは登録することができないのです。

サイズだけではありません。印面の欠けているものでは登録することができませんし、輪郭が欠けていたり、なかったりするようなものも認められません。
登録する市町村が認めない限り、印鑑を登録することはできないのです。他の印鑑とは一回り大きくする人が多いです。

やはり一番重要な書類などに押す印鑑ですから、高級感のある素材にするようです。
一生のうちに何度も作るものではないので、後悔しないように選びたいですね。

丸い形でなければならないと思っている人も多いかもしれませんが、実は、多少楕円の形をしていても良いようです。
サイズ的に規定内に収まっていれば形が多少丸くなくても問題なく登録できるのです。

ページの先頭へ