印鑑にはその用途に応じてある程度大きさが決まっています。

印鑑大きさイメージ

同じ大きさでもかまいませんが、大きさを変えないと印鑑を見ただけでは区別できなくなってしまいます。

個人用の印鑑の場合通常は、実印が最も大きく、実印→銀行印→認印の順番で小さいサイズとなる場合が一般的です。
男性の方は女性の方よりも大きめのサイズを選ぶ傾向があります。女性は男性に比べて手が小さいので、印鑑も小さくするようです。
最近は女性も男性並みに存在感のあるものを選ぶ人がいます。

法人用の印鑑のサイズは通常丸印の場合は18㎜、角印の場合は21㎜が一般的なおおきさです。
ただし最近ではビジネスに使用する印鑑ということで縁起を担いで大きめのサイズにする人も多くいます。

ビジネスが軌道に乗るように、また、会社の真央として使う印鑑であるから存在感のあるものとして選ぶ人が多いようですね。
また、彫刻文字数が多い場合は大きめの印鑑を選んだほうが、印影は鮮明に出ます。

頭の中で想像しているだけでは、仕上がりが分かりませんよね。インターネット上のお店では実寸で印鑑をチェックすることができます。
印影をチェックする場合実寸では見えにくい場合には拡大することも可能です。

ページの先頭へ