認印といえば、簡単に押せる印鑑ですね。

認印イメージ

シャチハタのような簡単な印鑑であると思っている人も多いですが、それは間違っています。
実印は、住民票がある市区町村に対し、登録をすることで成立していきます。
そのため、登録していなければ高価なものであっても普通の印鑑と変わりがないのです。

認印という物は、とても使用頻度の高い印鑑になってきます。
そのため、耐摩耗性が高いものを選んだりすることも大切ですし、欠けにくい粘りのある印材を選ぶということも重要になってきます。

100円均一などで売っているものもいいですが、大量生産されているものは偽造しやすいのであまりお勧めはできませんね。

おもに荷物や商品などの受け取りなどに関して受け取りの証として押印したり、書類などの内容を確認したりしたときなどに自分の名前を書くかのように押印する印鑑です。

実印のように登録をすることはありませんが、ほかの印鑑に比べ法的な効力がないわけではありません。
捺印するという行為自体には何ら代わりなく、法的な意味合いからすれば、実印となんら変わらないのです。

サイズは約10~11mmが一般的な印鑑のサイズです。通常お店で販売している印鑑はこのサイズです。
はんこ屋さんで購入すれば間違いないでしょう。

ページの先頭へ