銀行印や認印には「このサイズではなくてはいけない」というのもないです

実印イメージ

実印に関しても役所によりますが、どこも概ね8mm~25mmのサイズなら登録できます。
しかし、それぞれ「適したサイズ」があり、大きすぎても小さすぎてもふさわしくない場合があります。

たとえば訂正印の場合には大きすぎると使い勝手が悪い印鑑です。
訂正印は一般家庭ではなかなか使う機会はないかもしれませんが、仕事上では良く使う印鑑です。

公文書で数字や文字を間違ってしまい、訂正した場合に誰が訂正したかを明らかにするために捺印するものです。
文字の上に捺印するので大きすぎると使えません。

では会社で使う認印の場合はどうでしょう。
普段何かと使うことが多い印鑑ですから、会社でも頻繁に使う場合が多いです。

上司よりも大きくインパクトのある印鑑を使用しているとどう思われるでしょうか。
直接嫌みを言ってくる人はいないでしょうが、冗談めかして「立派な印鑑だね~」などと言われるかも知れません。

やはり会社で使う印鑑は上司よりも小さいサイズにしましょう。
小さくしなければならないという決まりがあるわけではないですが、部下としてかわいがられたいのであれば、余計な波風は立てないほうが良いでしょう。

ページの先頭へ