一般家庭に必要な印鑑の種類は実印・銀行印・認印の3つです。

印鑑の種類イメージ

3つの印鑑の持つ意味は違ってきますし、家庭内でも個人個人で必要になるものと、共有して使えるものがあります。
印鑑の用途についてきちんと知っておきましょう。

印鑑は、出生届にはじまり進学や就職、会社設立、婚姻届から死亡届にいたるまで、社会人として自己を表現し権利・義務・所有を表示する一つの手段としてとても大切な用途があるのです。

実印とは役所に登録した印鑑で、15歳以上の人で1人1本登録することができます。
女性は13.5ミリ以上、男性は15ミリ以上のサイズをおすすめします。

銀行印とは銀行で口座を開設する際に登録した印鑑で、偽造防止や盗難・紛失のことを考えて口座ごとに違うものを用意したほうが安全です。
サイズは女性が12ミリ以上、男性が13.5ミリ以上が良いでしょう。認印とは日常生活においてよく使われる印鑑です。家族で共有することができます。

仕事では、役職や勤続年数、職業によってサイズを大きく変更する人も多くいます。女性は10.5ミリ以上、男性は12ミリ以上がおススメです。
実印と認印の本数は固定的で銀行印は口座保有数によるので流動的です。銀行口座が増えれば増えるほど、必要となる印鑑の本数が増えていきます。

ページの先頭へ